鹿児島垂水温泉 火山帯の地下750mより47℃で湧き出す温泉水

  • 温泉水99公式Facebookページ
  • 温泉水99公式Twitter
  • 温泉水99公式Instagram
  • 温泉水99公式Youtubeチャンネル
  • ログイン
  • オンラインショップ
  • エスオーシー株式会社
  • inquiry

温泉水99が採水される鹿児島県垂水市は、鹿児島のシンボル”桜島”の麓に位置します。
この桜島の火山灰によって垂水には独特のシラス台地が形成され、pH9.9と高アルカリ性で豊富な天然ミネラルを含む世界でも希少な天然アルカリ温泉水を育んでいます。

また、垂水は、地名が「水」に深い関わりのある土地。
かつて城の崖下に清水が垂れて出てきた溜水があり、それが辺り一帯の飲料水とされていたのが由来だそうです。

島津藩の歴代のお殿様は、参勤交代の折、垂水から水を取り寄せ京のお公家さんや江戸の将軍様にお土産として献上していたというエピソードも。
垂水の天然水は昔から評価が高く、今もなお「水の都」として栄え続けています。

エスオーシー株式会社代表取締役の草間茂行は長野県出身。
草間は「最高の水」を探し求めて、日本全国を訪ね歩きました。
海外にも飛び、文献を読んで徹底的に水のことを調べました。
探して、探して、探し続けた結果…たどり着いたのは鹿児島県垂水市。
決め手になったのは、研究者から言われた「原始の水」という言葉でした。
桜島の火山灰によるシラス台地が育み、はるか昔から地下にたまっていた温泉水。
草間は硬度1.7以下という柔らかさに驚きます。
さらに、pH(ペーハー)は9.9という他に類を見ないアルカリ性の高さに目を丸くしました。
草間はこれまでに経験したことのない、まろやかな口当たりの水に感動します。
草間が探し求めた水は、鹿児島にあったのです。
「私が出会った中で最高の水だ」。
この天然温泉水に惚れ込んだ草間は、当時住んでいた東京を引き払い、家族とともに垂水への移住を決意します。
そして1999年、pHの数値を名前に取った「温泉水99」が誕生したのです。

道の駅たるみず日本最大級の足湯や温泉、鹿児島の特産品など楽しみ方いろいろ。
足湯につかると、目の前に雄大な桜島と錦江湾が広がります。

猿ヶ城渓谷長さ50mほどの大きな一枚岩や、エメラルドグリーンの清流など、神秘的な景観が魅力。
自然の雄大さ、美しさを実感できます。

本社周辺雄大な桜島を臨み、豊かな緑に囲まれた地域。
春には菜の花や桜が咲き並び、地元の皆様のお花見スポットにもなっています。

ページのトップに戻る

ページのトップに戻る