鹿児島大学・新平酒造・エスオーシーにて共同研究契約(温泉水を用いた新ジャンル焼酎の研究開発)を締結

鹿児島大学・新平酒造・エスオーシーにて共同研究契約を締結
産学連携による温泉水を用いた新ジャンル焼酎の研究開発を開始

新平酒造株式会社様(鹿児島県曽於郡大崎町 代表取締役 新平 翼)並びにエスオーシー株式会社(鹿児島県垂水市 代表取締役 草間 茂行)は、国立大学法人鹿児島大学(医歯学総合研究科、農学部附属焼酎・発酵学教育研究センター、産学官連携推進センター)様と、同大学の医学的検証および焼酎研究開発の技術・ノウハウを基盤とし、新平酒造株式会社様の製造技術と当社が提供する温泉水(※温泉水99)を用いた新ジャンル焼酎の開発を目的とした共同研究契約を締結し、その研究・検証を開始する運びとなりました。

鹿児島産の芋に加え、焼酎製造の基本となる水に鹿児島県垂水市で取水された天然のアルカリ温泉水を活用することで、焼酎への嗜好が高くない層にも受け入れられる「やさしく繊細な飲み心地で、風味豊かな新ジャンル焼酎」の開発を目指します。同時に、体への影響や有効成分を比較検討し、温泉水を用いることによる焼酎の新たな機能性を研究・検証致します。

■研究代表者
 鹿児島大学医歯学総合研究科心身内科学分野 乾 明夫

■研究開発予定期間
 2017年11月19日~2018年3月31日
 ※状況により研究開発期間は複数年に延長される場合がございます。

■新ジャンル焼酎の商品化予定
 2018年春以降の商品化、販売を予定しております。

【本研究へのコメント:鹿児島大学医歯学総合研究科心身内科学分野 教授 乾 明夫】

既存のアルコール飲料の多くは酸性であり、口腔内への影響も考えられます。例えば、歯の脱灰を起こす臨界pHは、エナメル質でpH5.5とも報告されています。
本研究では酸性でない新しい焼酎(アルカリ焼酎)を開発し、あわせてその機能性を医学的に明らかにしたく思います。

【本件の連絡先】
エスオーシー株式会社 業務企画部長 小牧 靖
e-mail:y-komaki@onsensui.com   URL: http://www.onsensui.com/
電話:0994-32-7139
住所:〒891-2112 鹿児島県垂水市本城3908-1
※1 なお、本件については、鹿児島大学様、新平酒造株式会社様からもご案内がございます。
※2 温泉水99について
鹿児島県垂水温泉の地下750mから47度で湧出するナチュラルミネラルウォーター。高いアルカリ性と桁違いの軟水が特徴の天然のアルカリ温泉水です。