お肌と身体にとっておきのケアをご紹介

【春になると日が長くなるとともに「陽気」が増えてきます。】

人間の身体の気も上へ、外へと上がります。 また、春の邪気は「風」ですが、春一番というように春先は 風が強い時期です。

風邪(ふうじゃ)によってウィルスなどが身体に入りやすくなったり、アレルギー反応が起きやすくなったりします。

感情の変化が大きくなったり、イライラして怒りっぽくなったりします。肌も同じように揺らぎやすい時期。

20220106_coramu_irast_1

春に注意しなくてはならない臓腑は「肝」です。 「肝」のケアのポイントは「興奮させすぎない」と「血を補う」2点です。

春は陽気が盛んになるので「肝」が興奮しやすく、体内の働きも活発になるので「血」を消費するようになります。

20220106_coramu_irast_2

そこで、春ケアポイントは

①風邪(ふうじゃ)の侵入を防ぐ

②「肝」の興奮を抑える

③「肝」の血を補う

となります。

20220106_coramu_irast_3

リニューアルしたフェイスマスクは、この②と③の働きを、イランイランやフランキンセンスの香りで補います。

また、肌への浸透力が高い「温泉水99」と厳選美容成分が①の風邪(ふうじゃ)に強い肌バリアを作る働きを補います。大地の恵みと香りの力で、巡りよく強い肌バリア作りを目指しましょう♪

 

【五行だと春に対応する色は青で、味は酸です。】

「肝」にいいものとして、山菜は解毒作用があり、「肝」の働きを助けるので、春、苦味ある山菜を食べるといいんですね^_^

20220106_coramu_irast_4