お肌と身体にとっておきのケアをご紹介

【春になると日が長くなるとともに「陽気」が増えてきます。】

人間の身体の気も上へ、外へと上がります。 また、春の邪気は「風」ですが、春一番というように春先は 風が強い時期です。

風邪(ふうじゃ)によってウィルスなどが身体に入りやすくなったり、アレルギー反応が起きやすくなったりします。

感情の変化が大きくなったり、イライラして怒りっぽくなったりします。肌も同じように揺らぎやすい時期。

20220106_coramu_irast_1

春に注意しなくてはならない臓腑は「肝」です。 「肝」のケアのポイントは「興奮させすぎない」と「血を補う」2点です。

春は陽気が盛んになるので「肝」が興奮しやすく、体内の働きも活発になるので「血」を消費するようになります。

20220106_coramu_irast_2

そこで、春ケアポイントは

①風邪(ふうじゃ)の侵入を防ぐ

②「肝」の興奮を抑える

③「肝」の血を補う

となります。

20220106_coramu_irast_3

リニューアルしたフェイスマスクは、この②と③の働きを、イランイランやフランキンセンスの香りで補います。

また、肌への浸透力が高い「温泉水99」と厳選美容成分が①の風邪(ふうじゃ)に強い肌バリアを作る働きを補います。大地の恵みと香りの力で、巡りよく強い肌バリア作りを目指しましょう♪

 

【五行だと春に対応する色は青で、味は酸です。】

「肝」にいいものとして、山菜は解毒作用があり、「肝」の働きを助けるので、春、苦味ある山菜を食べるといいんですね^_^

20220106_coramu_irast_4

「冷え」は美肌と健康の大敵! 温活潤活で冬肌を守る!!

空気がすっかり冷たくなる季節。寒さが本格的になってくると、つらい「冷え」に悩まされる人も意外といらっしゃるのでは?肌の健康は『美肌力』にも繋がります。

『冷えた肌、冷えた身体』は、実は『万病の元』でもあります。元気な肌で毎日を過ごすためにも、今からしっかり冷え対策をとりましょう♪

 

【「冷え」って体温が低いことだけではありません】

多くの方、特に30代後半から悩ませる身体の「冷え」。寒気がする、または触った手足が冷たく感じることで『自分は体温が低い』と思う人も多いようですが、実際にはそうとは限りません。
健康的な平熱は、36.5~37.1度くらいと言われていますね。
一方、冷えは自覚症状によるもので、「手足や腰が冷たくてつらい」「ぞくぞく寒気がする」といった症状を感じる場合は冷え症と考えて良いでしょう。
いずれにしても、身体が冷えていると、不眠や肩こり、関節痛、便秘などなんとなく不調だという事が起こりやすくなります。
美肌であるためにも、元気(気を楽にして、健やかである状態、 又は疲れにくく安眠しやすいなどが目安)を保つためには冷えの改善策をオススメします。

2021.10_coramu_irast_1_

 

【「冷え」は肌トラブルの元】

冷えは「気・血・水」の『血(ケツ)』の働きが鈍り、身体を温める 「血」が毛細血管まで十分に行き届かず、手足などが冷えてしまう症状。

「血」は身体全身に潤いや栄養を運び、いらなくなった老廃物を回収する働きも担っています。そのため、血が身体のすみずみまでしっかり届かないと、肌の栄養や潤いが不足、乾燥やシミ、くすみ、 たるみといったトラブルが起こりやすくなるのです。(ターンオーバーの乱れ)

まず、美肌の3条件は「潤い、ハリ、 透明感」。 それに関わる要素の中でも、気と血は冷えとの関わりが深い要素。 冷えを改善して肌を整えるためには、気血の状態を健やかに保つことがポイントです。

肌トラブル

 

【気血ケアは“早めのスタート”がカギ】

〈美肌におすすめの温活〉

 

① “くびれ保温”は温活の基本

寒気は足元から入り込みます。冷えが強い人は足湯も習慣に。

 

『ぽかぽか香る手足湯』

刻んだしょうが(10~30g)+(あれば)シナモンスティック1本 を「温泉水99」500ml に入れ、約半量になるまで煮出す(シ ロップ)。40~43度のお湯を、バケツに入れ、シロップを50ml ほど入れたもので10分以上、手足を温めて。温めた後、レッグウォーマーなどで保温するとなお良いでしょう。

手足湯

 

② 肌ケアは、週に2回、2ステップで免疫美肌ケアを。

保水(「温泉水99」を含ませたコットンandローション)+ 保湿(クリームとフェイスマスク)の2ステップを基本に。肌の水分が逃げにくく保湿・保温につながります。

 

③ 衣・食・住の見直し

衣:首元、手首、腰、足首など温める服装を。

食:「温かいもの(白湯や汁物、 生姜、葛など)」を摂る心がけを。

住:室温が高すぎないように。 換気にも気を配り、身体をこまめに動かすことも大切です。

衣食住の見直し

〈冷え体質を改善する〉

身体の冷えは、「血」が毛細血管まで十分に巡らないことで起こる症状。『冷え体質』を
改善する身近な食材をご紹介します。

美味しく綺麗に元気でお過ごしください♪

冷え改善

 

【抗ウイルスハーブティーのススメ】

暑いって思ったら、お湯を沸かすのすらイヤですが。
大事な自分でできる「抗ウイルスハーブティー」

クーラー病になりそうで喉がイガイガしていたとき。
ハーブティー飲んでて(マヌカハニーも入れました)
一発で喉の痛みが消える!地蜜(日本蜜蜂🐝の)の蜂蜜でも🍯

何のための私、香辛料指南やろか、
というわけで、今だからこそ
抗ウィルス
ハーブティー
を毎日飲むことに決定!

レモングラス➕ミント➕レモンマートル➕シナモン(ドライでいいです)
and 温泉水99 で鍋で色が変わるまで煮出す。

これで うがいをしたり、熱々や冷やして飲んで。カラダを助けますわ。
ぜひ冷蔵庫に作っておいて、小まめに水分補給してください。

226819798_2002696833221624_9001234016530783758_n

227853914_384992209716302_8864507540185296147_n 229659330_2165820953557725_7764683580463501567_n

#調香師
#香薬膳
#とどうかまど

気をつけたい、心臓への負担や胃腸の不調!

暑さからくる夏特有の体調不良は「暑邪(しょじゃ)」という邪気が原因。暑邪は熱の性質と湿邪の性質をもち、気力や体力を消耗します。熱で頭が働かずボーッとしたり、皮膚の弱い人は赤みが強く出て悪化したり、ひどく汗をかいたりします。このなかでも汗のかき過ぎには要注

 

【体調管理はこまめな水分補給がカギ!!】

身体をみずみずしく保つ「津液(しんえき)」という液体とともに、「気」(エネルギー)も消耗してしまうと漢方の考えでは言われています。
また、お肌のバリア機能にも負荷がかかりやすくなります。その予防には、小まめに常温の「温泉水99」を補給する事が大切です。
身体に素早く吸収されやすく、地球の気をたっぷり含んで、シリカもたっぷりの「温泉水99」は最適です♪
また、もう一つ大事なことですが、身体の水分が失われると、血液が凝縮しやすく「心(しん)」(心臓)にも大きな負担がかかりやすくなります。
汗のかき過ぎによる動悸やめまいは、思わぬ心(しん)へのダメージがあります。
早め早めに対応して、十分注意してください。

2021.06_coramu_irast_1_

 

 

【「冷え」は女性の大敵です!】

〈〈 自宅での冷えの取り方 〉〉
・汗が引くまで冷房を使う。
・扇風機などと併用して、霧吹きに「温泉水99」をいれ、肌にこまめにかけて、温度と水分を調節する。
・直接冷気が当たらないように調節する。

 

〈〈 自然な暮らしを取り入れる 〉〉
・早起きして、新鮮な空気をたっぷり吸い、軽く身体を動かす
・起き抜けには、常温か白湯で水分を補給する
・寝不足には要注意。睡眠で疲労回復(寝る前に「温泉水99」フェイスマスクでリラックス)

・寝不足の時は、昼寝や早めの就寝で睡眠を補う

2021.06_coramu_irast_2_

 

【リラックスすることで夏を乗り切る!】

この時期にお伝えしたいフランスのことわざがあります。“Petit à petit l’oiseau fait son nid”
(プチタ・プチ・ロワゾー・フェ・ソン・ニド)
意味は「鳥は少しずつ巣をつくる」です。
夏の暑さにイライラするより、一つ一つゆったりとした気持ちで、身体をこまめに労われば、涼やかに過ごし、肌や身体も健やかにいることができる。
そんな感じでしょうか。
すぐに実践するのは難しいかもしれませんが、暑さにストレスを溜めず、夏を元気に乗り切りましょう。

温泉水99お手軽蒸し美容法

梅雨に入りましたね。引き続き、マスクしての予防生活が続きます。

ただ、こんな時期は 毛穴が開きやすく、メイクがのりにくい、ということも多くなります。

朝、温泉水99を使って、蒸しタオルを作り、お顔にのせて、約5分。簡単に蒸しタオル美容ができます。

【用意するもの】

◯タオル 1枚

◯ 温泉水99  100cc

◯ビニル袋かラップ

濡らして、包んで 600wの電子レンジで1分❣️

やけどしないよう、一旦、広げてからお顔に乗せてください。

①毛穴の汚れがとれやすくなる

②血流がよくなり、目元のクマとり、くすみなどを解消

③リラックスする

など 嬉しいことが沢山。美白や美肌を目指していらっしゃる方には是非お試しいただきたい習慣です。

健やかな毎日の側に。

温泉水99の蒸しタオル美容を。

9279F167-9723-4F28-8D50-FA30B8F2580A

美容に欠かせない!? 陰陽五行学説

皆さんが最近、目にしたり耳にする陰陽五行学説は人類の生存に欠くことのできない五つの物質「木・火・土・金・水」この五つを五行と名づけ、宇宙の全ての物事をこの五行で分類し、その基本的な特性を整理しています。

 

【春は徹底的に紫外線予防を!!】

人間の身体も同じように捉えられています。 例えば、木は成長し、上へ上への特性を持っています。 春は、五行の季節では木(もく)にあたります。春は肝の働きが盛んになる時期であり、肝が病むと表裏関係の胆を病むことになります。

2021.04_coramu_irast_1_

 

そして、目が充血したり筋に異常が出たりします。1番皆さんが気になさるのはシミかもしれませんね。

サングラスなどでの眼への紫外線保護や、肌を香りと潤いで癒し、肌バリアを高めるフェイスマスクケアは欠かせません。

2021.04_coramu_irast_2_

 

【美容・健康には酸味が欠かせません!】

内側からのケアとして、今回はなんといっても酸味のある食材です! 酸味の欠乏や過剰を避け、適量摂取することが薬膳の考えです。薬膳の「五味」の中で酸味といえば酢。酢の起源は古く最古の発酵調味料であり、洋の東西を問わず使われてきました。鹿児島にも良い水で仕込まれた黒酢が有名ですね。

 

【世界にあるおいしくて優秀なお酢】

酢は醸造酢(穀物酢、果実酢)、合成酢、加工酢の3種の酢があり、酸味の他に有機酸、アミノ酸などを含み、うま味やさわやかな芳香をもち食欲を増進させてくれます。

2021.04_coramu_irast_4

 

この香醋は中国料理に欠かせない調味料です。 イタリアで酢といえば、バルサミコが代表といえます。ブドウを濃縮したそれは甘みがあり、デザートにも。イタリアの食卓に欠かせないのがオリーブオイル、酢、塩です。お好きな酢をこまめに取るのがコツ。あなたの綺麗は毎日生まれ変わる。夏までに肌バリアを高めて参りましょう!

2021.04_coramu_irast_3_

 

外側からしっかり お肌の美容ケア!!

口元に伸びる「ほうれい線」は、目立ってくるとそれだけでぐっと老けた印象に。日頃のお手入れ、スキンケアはもちろん、体の中からしっかり対策をして、ほうれい線のできにくい“潤いハリ肌”をキープしましょう。

 

【「腎」「脾胃」の不調も「たるみ」の原因に】

35歳を過ぎると今までと違う心身の変化を感じるようになり、42歳を過ぎると更に髪や肌に気になるサインが強く現れてきます。この変化は「腎」の状態の変化でもあります。 腎は生命エネルギーの源「精」を蓄え、体の老化や骨の状態と密接に関わる臓器。そのため、加齢とともに腎が衰えると、皮膚の老化、骨密度の低下(骨粗鬆症)などにつながり、皮膚がたるんでほうれい線が目立つようになるのです。また35歳は“陽明経絡(ようめいけいらく)が衰え始める時期 ” ともされています。陽明経絡とは「 脾 胃( ひ い)」(胃腸)につながる気・血の通り道。この経絡が衰えると、脾胃の働きが弱くなり、体の栄養が不足しがちになります。

 

【ほうれい線を薄くする基本のケア】

フェイスマスクや温熱湯気浴アップマッサージをしたりして、ほほのたるみとほうれい線をケアしましょう。

キレイの秘訣はカラダの内側ケアで決まり!!

 

【現代人を悩ませる花粉症は万病の元!?】

現代人を悩ませる「花粉症」ですが、約二千年前の医学書にも名前が記載されており、いわゆるアレルギー性 鼻炎は昔からある病気でした。しかし、「花粉症」が現代病とされているのは、植林されたスギ・ヒノキの問題や、車の排気ガス、生活の不摂生、過労、ストレスなどが原因で発症率が高まっているためとも言われています。例えば、ホコリの多い部屋に入ったとき、くしゃみが止まらない人もいれば、一度のくしゃみで治まる人もいます。このような差が生まれるのは、免疫機能である「正気(せいき)」のバランスの差と考えられています。

花粉症

 

【免疫機能を整えて健康なカラダに!】

邪気は体の表面から侵入します。特に鼻は「肺の竅 (きょう)(肺の穴)」とも呼ばれ、邪気が侵入しやすい部位といわれます。しかし、気の不足により邪気を出しきれず、肺機能のバランスが崩れると、水分代謝に影響し、鼻水が止まらない・鼻づまり・たんが出るなどの症状になるとされています。

症状を悪化させないために、水分代謝と関係の深い「肺」、「脾胃(ひい)」(胃腸)、「腎」を健やかに保つことが大切です。食事の乱れ、過労、寝不足、ストレスなどの生活習慣が続くと、これらの臓腑の気を消耗し、体の抵抗力を下げる原因になります。また、体の表面のバリア力の不足にも繋がるため、邪気が侵入しやすい穴だらけの体になってしまいます。

ツボ体質チェック

 

香りと共に肌も衣替え

三月に入り 紫外線の量も増えてきましたね。マスクをしているとはいえ、忍び寄るuv-🅰️🅱️の刺激は肌奥まで届きます。

刺激に身体を対抗できる状態にするには香りで脳を呼び起こすのが一番。

また、この時期にこそ、水の取り方が夏肌を左右します。

昔、江戸では祝いの席では 塩漬けの桜に🌸白湯を注ぎ、決して濁ることのない祝いの意味をあらわしました。

この時期出回る桜茶に、ぜひ、温泉水99をお使いになってみてください。

春の強い味方 桜の香りが普段より香りたち、また、その茶は、適度な塩分と速やかな浸透力で 身体の中を潤わせます。

ぜひぜひ お試しくださいね♪

E6B62C0F-7A6E-4C7F-9CB7-84FF039CA552

花粉の時期の内面と外見ケアにpH9.9の温泉水を使って

山桜が咲き始めました。世情的にも今はカラダのケアに気を使いますね。温泉美容をおうちでしながら過ごすのも、アリですね。

温泉水99は、充填する容器まで、温泉水で熱殺菌し、持ち歩ける温泉でもあります^_^

①花粉の時期は持ち歩いて 目を洗う

②うがい

③コットンに含ませてパッティング

(温泉水99フェイスマスク〜フランキンセンス&イランイランタイプ〜は目のまわりもしっかりケア。大人気❣️持ち歩いてます)

9111075A-1476-4939-8026-B346AF45CD45

などに 私やお友達は役立てています。

また、飲んでいてスルッと身体に染み込むように飲めますし、個人的にはよくお茶や飲み、水分補給いたしますが、お腹がちゃぽちゃぽしないので 嬉しいなと思っております^_^

⑤生姜のスライスやすり下ろしに熱々にしたお湯を注いで飲む

⑥梅干し果肉、お醤油、熱々の温泉水99で淹れた番茶を注いで飲む

これらも内面から活性化するお手伝いをしてくれたりします。

温泉水99は、ご自宅まで、お届け。

安心安全に飲んで、食べて、美しくに

お手伝いさせていただきます。

あなたの側に、、^_^

5FADAA2B-B17D-4418-B74F-85A7F782A728

温泉美容のすすめ

春の陽気でも、お肌の乾燥は?お肌が元気だと、一日中ハッピー。身体を温めてからのスタートは1日の代謝率を上げるといいます。

ぜひ、お試しいただきたいのが、朝活の中でも朝お風呂に入りながらの温泉水99®︎フェイシャルマスク

今年の運気を上げる香りの一つとされるフランキンセンス配合のたっぷり23mlの高品質美容液が お化粧のりをあげてくれる角質層の隅々まで浸透。

一日中乾燥しらず、ぷりっと艶肌を手助けしてくれますよ。

その笑顔や溢れてしまうハッピーが元気を届けますよね

ぜひ、そんな愛溢れる貴女へ

EC9CFA16-5875-4293-8CAD-7075BD3D4362

5D937531-8549-4267-B31B-154473449AA2