鹿児島垂水温泉 火山帯の地下750mより47℃で湧き出す温泉水

  • 温泉水99公式Facebookページ
  • 温泉水99公式Twitter
  • 温泉水99公式Instagram
  • 温泉水99公式Youtubeチャンネル
  • フリーダイヤル
  • 0120-17-4132
  • 受付時間:平日 9:30〜17:00|土 9:30〜14:00|日祝 休み
  • お問い合わせ
  • オンラインショップ

第3回都城市

ゆかりおおき都城

2017年はじめまして。私は「ホームページを作っている人間」です。
3回目にして初めて鹿児島県を出まして、とはいえ隣接していますが、宮崎県都城市のご紹介です。この地は、個人的に「ゆかりおおき」町でして。今回もまた私的に筆の進むままに書き連ねてみようかと。

宮崎県都城市。霧島山地と隣接するその地は、広大な盆地です。また大淀川が南北に流れ、歴史ある都市でもあります。その名にもありますように城のある町で、また過去の歴史を紐解くと、宮崎県?鹿児島県?どちらの色が強いのだろうか?そんなことはどうでもよくて、そんなことよりも、都城として栄えた町といえるでしょう。

都城市

宮崎県 都城市 -Miyakonojyo shi-

推計人口:
163,965人
名産:
都城市は、温暖な気候と肥沃な土壌という恵まれた自然環境のもと、農業が盛んで、豚、肉用牛、ブロイラー、らっきょう、ごぼう、さといもの農業産出 額は全国上位を占めています。
また、事業所の多くは中小企業ですが、蓄積された伝統的技術は、肉製品、乳製品、焼酎、家具、木製品など38業 種におよぶ地場産業として受け継がれています。
観光名所:
弥五郎どんの館/東(つま)霧島神社/高千穂牧場/関之尾滝/神柱宮(神柱公園)

そしてそんな都城は、現在日本一のふるさと納税自治体と言われています。なぜそんなにふるさと納税取り上げられているのか?
それは日本有数の農業地域であり、またあの霧島酒造さんが社を構える土地だからです。

そしてまた畜産王国ともいわれています。
都城は「市町村別農業産出額畜産計」が全国第1位なんです。
そして、その内訳がこれまたすごいです。 肉用牛、豚、鶏、鶏うちブロイラーこの4つが第1位です。
牛豚鶏の乳牛以外ほぼ1位。そんな捉え方で間違いないんじゃないでしょうか?

長島の風景

あと竹弓ですね。意外な生産地といえば。これも全国シェアの多くが都城で生産されていると言われています。弓道に関わったことのある皆さん。そういうことなんです。

焼酎も今1番売っている会社は霧島酒造さんであり、都城にあります霧島ファクトリーガーデンでは、霧島裂罅水の水汲み場として、地元住民が集う姿が見受けられます。温泉水99の紹介はこのホームページ内で、たくさん記載していますので、それ以外の名水もまたご紹介できればと思っています。

ちなみ余談ですが、都城グリーンホテルさんによく宿泊させていただいていますが、朝食会場での水は温泉水99を使用していただいています。ありがとうございます。



さて、ゆかりおおき街 都城とのゆかりについて多少なり書いておきます。

私の父の故郷は、鹿児島県宮之城でした。今は市町村合併して市町村名では違う表記ですが。その宮之城は、都城から移り住んだ人たちが多く、地名が宮之城になったと実(まこと)しやかに言われていました。実際のところは、定かではありませんが。また、私の姓であります橋口もまた、この宮之城と都城に多いと聞いています。

さらには、もう古くからお付き合いさせていただいています高千穂牧場さんもあり、また、公私共にお世話になっています、鳥料理のぼっけもんに、エビス商事さん。 そして、これまた牟田町飲み屋街である行きつけのBAR、BAR Ariaさん。などなど。あくまでも個人的出張で泊まりたい街ナンバーワンがこの都城という土地なんです。

完全に私的な文章になりましたが、そんな都城がゆかり多いですし、大好きです。

車を走らせて旅行する。となると、都城への交通の便はいいですし、鹿児島から電車で1時間半くらいで行くこともできます。

豊穣な土地が生み出す地鶏に舌鼓をうち、夜はオーセンティックなBARで過ごす。そんなこともできますよ。ぜひ一度。都城を訪ねてみてはいかがでしょうか。紐解く歴史もふんだんにあります。

そんな旅にはぜひ温泉水99を。
寒い冬とはいえ体は乾きますので適度な潤いが大切です。本年もよろしくお願いいたします。

[ご紹介]
都城グリーンホテル様 http://www.0986green.com/
高千穂牧場様 http://www.takachiho-bokujou.co.jp/
ぼっけもん様 http://bokkemon.biz/
エビス商事様 http://ebisu-g.com/
BAR Aria様 https://www.facebook.com/kyotoaria/
一覧へもどる

<< 第2回  |  第3回 宮崎県都城市 『ゆかりおおき 都城』 |  第4回 >>

ページのトップに戻る

ページのトップに戻る